Home General World Covid-19 danger will remain unless everybody inoculated: Harvard Scholar

Covid-19 danger will remain unless everybody inoculated: Harvard Scholar

By Sumit Saxena

New Delhi, Jun 27 (IANS): “SARS-COV-2 has actually not shown any seasonal pattern up until now, although greater incidence and caseloads are seen in areas with temperature levels listed below 15 degrees Celsius and low humidity. Still its impact in India is considerable provided our substantial population in addition to population density,” said Mrinalini Darswal, doctor and IAS officer, who is currently pursuing doctoral research studies in public health, with a focus on COVID-19 at Harvard University.

With over 5 lakh cases, the very first wave is still continuing in India, and unless seasons turn a cycle, it is tough to call SARS-COV-2 routine, Darswal added.

here are excerpts of her special chat with IANS:

Q: Do you think the first wave of viral infection in India is over after crossing 5 lakh cases? Do you anticipate a 2nd wave of infection? Professionals have explained the 2nd wave of viral infection in China and South Korea?

A: Provided the variety of cases which continue to rise, the very first wave is continuing. Typically infections can be found in waves like cold and influenza go to every fall and winter and abate in summers. SARS-COV-2 has actually not shown any seasonal pattern so far, although greater incidence and caseloads are seen in locations with temperature levels listed below 15 degrees Celsius and low humidity. Still its effect in India is substantial offered our huge population as well as population density. Unless seasons turn a full circle, we might not be able to term SARS-COV-2 as periodic.

Provided its pattern, even after through rigorous public health determines the existing wave subsides, it might lurk in some pockets and reemerge as we lower our guard, as we have seen in China and South Korea. These are not 2nd seasonal waves but renewal of infection from the dormant carriers in the neighborhood. This will remain a hazard till we have the ability to inoculate everyone in all states, along with nations. In a pandemic we are safe only when everyone else is safe too.

COVID19 is not going to entirely vanish. Like HIV, we shall find out to deal with it and also include it through vaccines and drugs, ideally soon.

Till then we require to be really watchful versus capturing the infection and adopt preventive behavior like using masks, preserving social distancing, hand washing, avoidance of crowds etc. with military discipline.

Q: India is one of hardest hit countries by Covid-19

A: COVID19 does have rapid development, i.e. the case load doubles in a specific period. There are two things related to a rapid development- a growth rate and a doubling time.

ICMR reports a development rate of 5 percent for the pandemic in India, and the doubling time for this rate would be around 14 days. But we observe it is not same for all parts of India. The pandemic is spreading more viciously in urban locations with high population densities, and this truth permits us to change our action, focus our energies and assign our resources carefully to where these are required most. Currently our focus are big cities.

The factor for sharp rise is the behavior of the infection, which jumps from individual to individual through close contact; habits of the people after relaxation of lockdown, i.e. not comprehending the need for taking complete precautions and being cavalier about the disease; and also an increase in testing.

Q: How soon do you anticipate this extraordinary rise in numbers to decrease?

A: Virus spreads from person to person and is understood to spread out from asymptomatic persons. Likewise, there are clear patterns in intensity of disease, i.e. those who are old or already sick are likely to get extreme disease, require luxury medical care and are likewise likely to pass away more.

The fool-proof strategy due to this fact is avoiding the contaminated people from spreading the health problem to more susceptible individuals. Limitation on mobility of old individuals, and also those with co-morbidities is encouraged. If they have to essentially head out, say they need to work for a livelihood, appropriate precautions like using masks, avoiding crowds, and keeping social distancing is desired. Periodic testing is necessary.

We can quickly recognize those with symptoms medically and proceed to isolate them either through quarantine or hospitalization. It is individuals who have the infection however do not show symptoms who position the threat for big spread inadvertently. There is just one way to recognize such individuals and isolate them-testing. I more than happy that testing has actually emerged as the frontline method of the government for containment of pandemic.

Unless our efforts at detection through screening, tracing and isolation are universal and strict, we may not see the progression to crest. As we see in the U.S.A., the cases are surging even after half a year of familiarity with the pandemic, just due to bipartisan actions and rejection of people to follow preventative measures.

Q: Any idea changes in policy to contain the spread of coronavirus in India?

A: The Federal government of India has actually shown immense wisdom in its policy for containment. Countless lives were saved by prompt and early lockdown. We have understood the importance of screening, and our contact tracing even in remotest locations was extremely reliable, done through firms of town level health workers. Our history of combating with contagious diseases and our public health infrastructure has actually stood us in good stead here. We have likewise leveraged technology like Arogya Setu App for risk mapping.

The gap has actually emerged in preparation of private states in preparing their health facilities for surges, which provided worldwide trends, were unavoidable.

By CA Nitin J Shetty” src=”http://www.tvdaijiworld.com/images6/allwyn_270620_nitin.jpg” title=”How NRIs can acquire immovable property in India – By CA Nitin J Shetty“>How NRIs can obtain unmovable property in India -<i> By CA Nitin J Shetty</i>

.

Find Out More .

Must Read

UK Tightens Rules On Payments Firms In Wake Of Wirecard Debacle

The United Kingdom’s financial regulator has toughened rules on payment companies less than two weeks after Wirecard AG’s collapse locked millions of customers out of their accounts, the Financial Times reported.The Financial Conduct Authority (FCA) said Thursday (July 9) it has introduced stronger measures to protect the users of payment cards and digital apps. “Reducing the risk…

Alstom offers French factory sale to clinch Bombardier deal

PARIS (Reuters) - France’s TGV high-speed train maker Alstom (ALSO.PA) on Thursday offered to sell a French rail factory and make other concessions to win European Commission approval for its planned purchase of Bombardier Inc’s (BBDb.TO) transportation business. FILE PHOTO: A logo of Alstom is seen at the Alstom's plant in Semeac near Tarbes, France,…

Comunicado de C5N tras el ataque al móvil

"C5N lamenta y repudia los violentos hechos que sufrió", indica un comunicado firmado por Ignacio Vivas, CEO de Indalo Media C5N. C5N lamenta y repudia los violentos hechos que sufrió _ 9 de julio, C5N, Obelisco.pdf C5N LAMENTA Y REPUDIA LOS VIOLENTOS HECHOS QUE SUFRIO Buenos Aires, 9 de Julio. - Un equipo movil de…

デカすぎない有機ELレグザ爆誕。新4K「48X8400」は画音も安心クオリティ!

ついにキタ、デカすぎない有機ELテレビ“48型”レグザ48型の4K有機ELレグザ「48X8400」 とどまることを知らないテレビ製品の大画面化。我々、大画面好きにとっては喜ばしい時勢なのだが、設置環境や用途によっては「そこまで大きくなくていい」という贅沢な要望も出始めている。 例えば、室内にある家具とのレイアウトや、テレビ設置台のサイズの関係で50型オーバーの製品が置けない場合もある。また部屋がそれほど広くなかったり、あるいは普段使いの机に設置してテレビとPCディスプレイの一台二役的に使う場合など、視距離が短くなるため、大きすぎる画面はかえって見辛い。 そこに「これから買うなら、4Kが欲しい」という要望が重なってくると、意外に選択肢が狭まる。PC向け4Kディスプレイ製品は32型以下も存在するが、現行テレビ製品に限ると、最小サイズの4Kテレビは自社製液晶パネルを採用するシャープの40型モデル「4T-C40CL1」くらいになっている。 シャープ以外の国内メーカーは、液晶パネルの供給を海外メーカーに頼っていることもあり、40型はほぼ消滅し、若干大型化した43型が4K最小サイズとなってしまった。「このまま大型化の流れは止まらないのか」と危惧していた最中、全世界のほぼ全ての有機ELテレビのパネルを製造するLGディスプレイが、新しい48型サイズを製造。結果、2020年から、48型の有機ELテレビが各社からリリースされることとなったわけだ。 前述したような、視距離の短いパーソナルユースにおいて、48型サイズはまだ大きい気もするが、サイズが小さい方向への展開は歓迎すべき流れ。そんなわけで、今回の大画面☆マニアは、現行の4K有機ELテレビとしては最も画面の小さい48型の東芝レグザ「48X8400」を取り上げることにしたい。 製品概要チェック~48型ながらコンパクト&軽量。スピーカの音質も上々! 最近は、有機ELテレビの“薄型・軽量”というイメージと合わない製品も多い。昨年の連載で取り上げた東芝の有機ELレグザ「65X930」(第256回参照)は、ディスプレイ部だけで28.5kg、スタンドを入れると47.5kgというヘビー級な製品だった。 第256回で取り上げた65型4K有機ELレグザ「65X930」 今回取り上げる48X8400は、ディスプレイ部だけで15.7kg、スタンド部込みで16.5kgと軽量な部類だ。取材中、計測や各種実験のために、テレビ台からテーブルに移動したり、その逆を行なったりしたが、難なく筆者一人で行なうことができた。ディスプレイ部の上方は薄く、「まるで板」といった感じだが、下部はそれなりに厚みがあり持ちやすい。 背面上部から撮影。上端は、有機ELパネルほぼそのままの厚さでかなり薄い。無数のスリットは冷却用の排気口だ ディスプレイ部の外形寸法は、1,068×66×629mm(幅×奥行き×高さ)。スタンド込みでは、1,068×229×663mm(同)となる。スタンドはディスプレイ下部に足を括り付ける方式。残念ながら完全に固定されるため、ディスプレイの角度調整はできない。 設置台の基準面からディスプレイ部下辺までの隙間は約35mm。BDパッケージが2枚入って少し隙間が残る程度で、画面はけっこう低めに設定されている。そのため、視距離が短い机上、つまりデスクトップに設置した場合は、目線が画面の上部に来る。できれば高さ調整や、上向き方向の仰角調整は欲しかった。なお、標準状態で約2~3度の上向き角度は付けられているとのこと。 スタンドはディスプレイ部下部に足を括り付ける方式でリジッド固定となる 左右のスタンド脚部間距離は80cm。テレビを設置するスペースとしては、スタンド部の奥行き方向の幅と掛け合わせた80×23cmの面積が必要となる。多少幅はとるものの、奥行きはそれほど場所を取らない感じ。 ディスプレイ部の額縁は、映像パネルの未表示領域までを含めると上と左右が約9mm(筆者実測)、下が約28mm(同)といったところ。なかなかの狭額縁デザインだ。 左右のスタンド間は80cm。額縁も狭く、ほぼベゼルレスの印象 スピーカーは、本体下部左右にレイアウト。テレビスピーカーにしてはかなりの高音質で、下手なサウンドバーを組み合わせるよりも満足度が高い。 そのサウンドシステムは実際、かなり凝った作りになっている。まず合計出力が72Wと、薄型テレビの内蔵スピーカーとしては、かなりパワフルな設計だ。内訳は、メインユニットとしてフルレンジスピーカーを片側でデュアル構成とし、これに高音用のツイーターを組み合わせることで、片側12W×3の36W、左右で合計出力72Wとなっている。音楽を聴いていると、妙にパワー感のある低音が聞こえてくるが、これは対向配置ダブルパッシブラジエーターの効果だろう。 またサウンドシステムの出音特性を補正する「VIRイコライザー」、MP3などをはじめとした圧縮オーディオ技術特有の失われた倍音・高周波成分を算術復元する「レグザサウンドリマスター」も本機のサウンドパフォーマンスを上げている気がする。この原稿も、本機のスピーカーで自身の音楽ライブラリを再生しながら執筆していたほど、気に入った。もちろん、専用のサラウンドシステムには及ばないが、2chステレオサウンドやゲーム、ネット動画、音楽再生をするには不満はない。 6個のスピーカーと72Wマルチアンプの「レグザパワーオーディオX」を搭載X8400のスピーカーユニット。上位X9400と同じユニットを使用している 接続端子は、正面向かって左側の側面と背面にある。 HDMI入力端子は全部で4系統。全てがHDMI 2.0対応で18Gbps伝送に対応する。なので、4系統全てで4K/60Hz/HDRの映像入力が行なえる。なお、HDMI 1のみARC(オーディオリターンチャンネル)に対応する。 側面接続端子パネル。アンテナ端子が側面出しはちょっと珍しい アナログ入力としてはコンポジットビデオ入力端子が1系統あるが、これを利用するためには付属の専用変換ケーブルを利用する必要がある。この変換ケーブルを用いることでアナログのステレオ音声も入力することができ、コンポジットビデオ入力の音声として組み合わせる以外に、任意のHDMI入力の音声として組み合わせることも出来る。これは、DVI-HDMI変換などを用いるなどして、HDMIに音声が乗っていない映像に対して、アナログ音声を鳴らしたいときに利用できる。この機能は、東芝レグザでは伝統的なもので、最新モデルにも継承されている。 シンプルな背面接続端子部 USB端子は2系統。1つは録画用ハードディスクを接続するためのUSB 3.1端子。もう一つは汎用USB機器接続用のUSB 2.0端子だ。USB 2.0端子はカメラ/ビデオカメラほか、USBメモリが接続できる。USBメモリ内に格納された静止画は16,384×16,384ピクセルまで、動画は最大4K/60Hz解像度、MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265の各形式の再生に対応する。 この他、背面にはネットワーク接続用のLAN端子、外部オーディオ機器接続用の光デジタル音声出力端子があり、側面には地デジ放送用、BS/CS放送用のアンテナ端子が実装されている。 背面の電源ボタン電源はメガネ型の着脱式 アンテナケーブルは常時接続するものなのに、抜き差し頻度の高い端子を配置する側面に配置されている点が少々解せなかった。昨年モデルではこうなっていなかったので、多分システム基板設計やその筐体への実装の関係でこうなってしまったのかもしれない。美観的な問題は筆者はあまり気にしないが、太く重いアンテナケーブルが下に垂れ下がり、その下側の2つあるHDMI端子のクリアランスを邪魔するのでHDMIケーブルの抜き差しがし難い。ここは改善を要するかと思う。 リモコンは、細かいボタンの配置換えがあったのみで、近年モデルのものから大きな変更はない。 電源オン操作から地デジ放送の画面が出るまでの所要時間は、実測で約10.5秒で、やや遅い印象。地デジ放送のチャンネル切換が約2.0秒、HDMIの入力切換が約3.0秒で、こちらは最近のテレビ製品としては標準的な速度といった印象だ。 リモコンはボタンの機能配置は昨年モデルとは微妙に違うも最近のレグザ・シリーズのもの、そのままを踏襲最近充実化の一途を辿る動画配信サービスボタン。「dTV」に代わって、2020年モデルは「Amazon Prime」ボタンを実装した 最近の東芝レグザシリーズが搭載する録画機能と、クラウド機能を相互連携させた便利機能にも対応している。ユーザーが事前登録したテーマに準拠したコンテンツをまとめる「みるコレ」、番組を見ながら“次に何を見るか”を提案してくれる「次みるナビ」の2つだ。これらは専用の操作ボタンがリモコンに搭載されているので利用もしやすい。 みるコレ いまや搭載機種も少なくなってきた2画面機能だが、本機は引き続き健在。リモコンの[二画面]ボタンから呼び出せ、「放送+外部入力」「放送+放送」の組み合わせが可能。なお「外部入力+外部入力」の組み合わせには対応しない。 やや成熟した感もある音声操作機能も完備。Amazon Alexaが搭載され、48X8400をスマートスピーカーライクに活用できる。また、意外と便利なのが独自の「レグザボイス」機能。X8400シリーズでは、テレビ本体にも内蔵マイクが搭載されたことで、リモコン・テレビのどちらからでも、発話による各種操作が可能になった。 リモコンの[ボイス]ボタンを押してから使う方法の他、テレビに向かって「OKレグザ」と話しかければ、こちらの発話に耳を傾けるモードに入る。“西川善司をYouTubeで検索”“YouTubeでゲーセンミカドを検索”という感じの自然言語で検索できるので便利だ。声による文字入力は、番組表内での検索はもちろん、YouTubeアプリ内の検索ワード入力に対してもできるようになり、音声操作が実用レベルに達したと実感した。反応速度がもう少し早ければさらに嬉しいが、現状でもそれほどストレスはない。 普段から重宝している「映像分析情報」も、わずかながらバージョンアップ。ヒストグラム表示の箇所に、横軸に対して25%刻みの補助線が入ったのだ(笑)。具体的には、25%、50%、75%の3本の縦の補助線が入り、75%の補助線以上が相当な高輝度領域を表す。結果、HDR映像として放送、あるいはHDMI入力された映像に対し、どの程度の高輝度信号が入っているかを分析しやすくなった。 これにより、例えば「SDR映像をなんちゃってHDR加工したものなのか」それとも「撮影段階からHDR撮影した本当のHDR映像なのか」といったことの判別がしやすくなる。ただ、この機能、「映像設定」→「映像調整」→「映像分析情報」と、メニューを深く潜らなければならず、使い勝手がよくない。[画面表示]ボタンを押すと基本的な入力信号情報を表示してくれるモードがあるので、この機能に統合して欲しい。 上のヒストグラム明側の左側の点線が75%補助線。明るいシーンで、ここの右側に比較的多くの画素数があれば「ちゃんとしたHDR映像」の可能性が高いSDR映像だと、映像に高輝度部があったとしても、このように75%補助線のを超えるピクセルがほとんどないヒストグラムとなる X930から搭載された「プロモニター設定」は本機にも搭載されている。HDMI伝送されてきたメタ情報に従って自動設定されるはずの「EOTF」(ガンマカーブ)や「色空間」、「MaxCLL」(Maximum Content Light Level:コンテンツ内に含まれる最大輝度値)を、マニュアル設定できる機能だ。 一般的な映像視聴において活用する局面は少ないと思うが、映像製作現場、ゲーム開発現場などでは、メタデータが未設定の状態でテレビ(モニター)側に出力する場合が多々あり、EOTF/色空間/MaxCLLをマニュアルで強制設定できることが重宝されることがある。 東芝レグザにはマスターモニター的に活用できる画調モード「モニター」があり、この画調モードと組み合わせることで本領発揮される。これまでよりもさらに画面サイズの小さい48型となることで、さらにそうした現場からの引き合いが増すかも知れない。…

Android 10 has the fastest update rate ever, hits 16% of users in 10 months

It's still Android though, so set your expectations accordingly — Google's next target? Linux kernel portability and modularity. Ron Amadeo - Jul 9, 2020 11:30 pm UTC Enlarge / Google's Android adoption chart. Android 10's "300 day" mark was 10 days ago.GoogleGoogle today dropped a blog post detailing its progress on improving the Android ecosystem's…